有能なアルバイトスタッフを採用するには

景気回復の影響が徐々に現れています。今や各業界は慢性的な人手不足に悩んでいます。不況の頃、経営判断として、人材の採用を絞った影響が今、じわじわと表面化している組織もあります。また単純に若者を雇用しようと頑張っても、なかなか上手く人材が集まらない、と頭を抱える人々もいます。 そもそも少子高齢化社会になった今、若い人材を確保する事が難しいです。それこそ有り体に言えば、昔のように若者が大勢いた頃であれば、学生の方から多くの応募があるため、特に企業側は工夫しなくても良かったです。しかし今では若者の数が激減しており、またアルバイトスタッフとして有能な人材に絞れば、本当に数少ないレベルになっています。組織の採用担当者の方々は知恵を出す事を強く求められています。

困った時はスタッフ募集の専門サービスを頼る

宣伝力がある経営母体が巨大な企業であれば、自社のサイトと機能を活用して、広く募集が出来ます。一方で大企業ではない個人経営のお店や中小企業にとって、大規模な宣伝活動は現実的に難しいです。また自社サイトで告知しても、アクセス数が普段から少なければ、効果は薄いと言えます。 しかし、お店や組織の若返りを目指すのであれば、若者の採用は不可欠です。困った時は、アルバイトスタッフを効率良く集められる、そのお手伝いをしてくれる専門サービスを活用してみましょう。漠然と募集をかけるだけでは、なかなか有能かつ若い人材は集まりません。 地元のフリーペーパーや地方紙に広告を出す事も有益ですが、地元の方々向けに特化すると、なかなか若い学生が来ない、というジレンマもあるはずです。

インターネットのメリットを活用すべき

お得な機能が標準仕様として使える専門サービスがオススメです。宣伝力がある専門サービスに依頼すれば、若い人材が自然と応募をしてくれます。インターネットをメインにした募集活動が効果的です。最近の若者と学生は、主にスマートフォンでアルバイト募集の案内を探します。 雑誌や新聞広告などは、ほとんど目を通しません。ネットでの募集活動であれば、必要な時、必要な人材だけ上手く雇用する事が出来ます。本当に繁忙期に限り、期間限定のスタッフを募集する事もできますし、学生バイトから正社員登用をしたい有能な若者を募る際にもオススメです。 インターネットを活用すれば、地元の街以外の若者も自然と目を通してくれます。条件を優遇すれば、隣町から大勢の優秀な若者が集まりますので、ネット活用は本当に大事です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加