アルバイトの採用によって高い効果が得られます

近年は多くの企業において、多角的な経営などにより企業の経費が圧迫されている状況となっています。このためどの企業も経費削減が喫緊の課題となっており、様々な工夫を凝らした削減策を講じているところです。特に人件費の削減は悩みの種であり、長期的な視点に立つと安易な人減らしは有効とは言えません。人材は企業の宝でもあり、そうした貴重な人材を削減することは企業が持続的に活動していくためには大きな阻害となります。そこで近年注目されているのがアルバイトの採用です。正社員と比較してコストが安いことから企業にとって大きな魅力であり、積極的に採用する動きがあります。またその一定期間経過後において戦力になれば正社員に切り替えて登用する、といった活用も相次いで見られます。

貴重な人材として人気があります

企業の経費節減から現在、アルバイトの求人が盛んになっています。特に都市部においてはその傾向が顕著となっており、ここ数年求人数は増加傾向となっています。職種も飲食店や販売、接客から営業、事務まで幅広くなっています。加えてクリエイターや美容師、自動車整備士といった専門職もあり、様々な分野からニーズがあることが伺えます。 こうした状況から採用者数も同様に増加傾向となっていますが、それでも現状では人手不足となっています。特に飲食店や小売業では人材不足が顕著となっています。これらの職種では大量の人材が必要となるところ、思うように確保ができていないのが実情となっています。給与面や厚生面の向上で募集を呼びかけていますが、人材不足の状況は解消されていません。

様々な効果をもたらしてくれます

アルバイトというと、かつては正社員の補助、雑用といった使われ方が多くありました。しかし今では経費節減による少数精鋭主義が求められていることから、責任のある仕事を任せられることが多くなっています。このように企業側にとってはコストの安い人材を積極的に登用することで経営の効率化が図られるというメリットがあります。 一方、従事する側もやりがいのある仕事ができることからモチベーションが上がるという点でメリットがあります。また多くの企業では優秀な人材については積極的に社員登用する動きもあり、頑張れば頑張った分、待遇が改善されるということで従事する側にもメリットがあると言えます。 このように企業側や従事する側、双方にとって効果が発揮できることが大きな特徴と言えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加